「干ばつに苦しむムスタン王国に恵みの雨があったか否か」を心配して文字通りひと夏を浪費したことがある(要するに見事に「やらせ」に引っかかったってこと)筆者は-その他

(アロハで猟師してみました:2)けもの視線で“道”見えた
J1最多出場記録 ヤットなら抜かれても 楢崎正剛
ぼくは夕顔泥棒だ……」 ぼくはがっくり肩を落とした
片倉など8校金賞 第67回全日本吹奏楽コンクール・高校の部

(アロハで猟師してみました:2)けもの視線で“道”見えた

この時間最も読まれてる生活系記事


 ただ今人気の生活系記事


本日の人気記事
南アフリカに次ぐアフリカの強豪として大会初勝利をめざす
一同はまた飛行機の外に出て束(つか)の間の休息をとった

気団ログ 最新エントリー一覧

thumbnail

30~40代中心のお見合いパーティーにいつも参加してる女性にプロフィールカードにダメだしされた。タイプ欄に明るい人って書いてダメなの?

thumbnail

不倫がバレたようで旦那が話があるから部屋から出てきなさいと言ってます。鍵を閉めて部屋に閉じ籠っているのですがトイレも行けない

(アロハで猟師してみました リターンズ:1)田んぼの広さ5倍
雑紙でつくった折り鶴を東京五輪・パラリンピック期間中に仙台に飾ろう――
thumbnail
父と娘の切ない関係を描いた『私の男』で直木賞を受賞

トラブルメーカーで周囲を疲弊させてきた娘が大学受験全落ちをきっかけに家出してくれた。挙句twitterで知り合った男の家に転がり込んだらしい

3月下旬からはQRコード決済にも対応予定だ
thumbnail

離婚した夫が幸せになっているのが複雑。再婚の話を聞いた時もきっと私の二の舞になるすぐ離婚だと思っていた。なのに二人目が生まれると

「リアリスト」新監督の手腕は:朝日新聞デジタル
thumbnail
わたしはまた懐かしい楼蘭王国に帰っていました

離婚上等だったけど泣いて土下座するので取りあえず家に置いてやった。ムカついたら深夜でも布団から叩き起こして玄関の土間で寝かせた

子どもからお年寄りまで一人ひとりに12桁の番号を知らせるカードが しかしFacebookがついにメッセンジャーで送ったメッセージを後から消せる機能を…
何がどう違うのか今さら聞けない電子マネーについて解説したい
個人情報保護法とマイナンバー(社会保障・税番号)法の改正法が成立した
thumbnail
2季連続でJ1残留争いに陥った名古屋が9月末に大なたを振るった

彼は元々男は男らしく女は女らしくを主張する人。ある日彼が「手料理食べたい」って言ったから私の家で手作りハンバーグを振る舞う事になった

その四 スパイたちの輪舞曲(ロンド) ――五日後の夕刻
【作り方】 牛もも肉は4~5cm幅に切って
thumbnail
子どもからお年寄りまで幅広い世代と鶴を折っている

我が家は近所に私の妹が住んでて旦那とは死別で子育てしている。私の子供の年も近いので仕事で手が回らない時は私の子と一緒に面倒を見ている

一時期はノーベル平和賞の候補として挙げられた「ホワイトヘルメット」の主要な創設者である事実に着目すれば
日本に住むすべての人に12ケタの番号が割り当てられる「マイナンバー」制度が始まる
thumbnail

彼女の実家へ挨拶に行ったところ「嫁には出せない婿に来てほしい彼女方の苗字を継いでほしい」という話になりました。しかし私は長男であり

多くのビジネスマンや観光客らでにぎわう大阪・梅田
thumbnail

旦那の事が好きだから結婚したわけではないと気付いた。元々婚活からの出会いで普通に良い人だし私には勿体ない人だと思っていた

thumbnail

食いつくし系の男ってなんだろうアホなの?8品も出したのに子供の分に手を出すとか80歳の親の分まで食べるって神経おかしいんじゃないの

その四 スパイたちの輪舞曲(ロンド) ――五日後の夕刻
東京大学教授の酒井邦嘉(くによし)(55)にとって「人間の希望の手」だった thumbnail

職場とかで山口メンバーの話で持ちきりだったけど圧倒的にハニトラ扱い。少なくともノコノコついてった以上何されても文句言えないだろって

串刺機を入れて「焼きやすくなりましたよ」と神奈川県秦野市の居酒屋「呑喜」の犬飼青空店長(撮影:週刊エコノミスト編集部)
八瀬童子と最初に深い関係を持った天皇は後醍醐天皇だ
八瀬童子会会長の玉川勝太郎さん(78歳)は昭和天皇の大喪の礼に「参列奉仕」した一人だ
先週の気団ログの人気記事
仙台みやぎ2020青年部の「雑がみ千羽鶴レタープロジェクト」として今年4月から開始


 今日最も読まれている記事一覧

南アフリカに次ぐアフリカの強豪として大会初勝利をめざす
article 「干ばつに苦しむムスタン王国に恵みの雨があったか否か」を心配して文字通りひと夏を浪費したことがある(要するに見事に「やらせ」に引っかかったってこと)筆者は
児童手当や生活保護の申請といった社会保障の手続きの時に
ただ今人気の生活系記事
マイナンバー届いたら? 手続き・注意点・使い方を解説
雑紙でつくった折り鶴を東京五輪・パラリンピック期間中に仙台に飾ろう――
行政や企業は個人情報をより効率的に使えるようになるが