幸(さいわい)にして先生の予言は実現されずに済んだ-帽子・バイザー

戦力の不保持と交戦権の否認を掲げた2項の堅持を前面に出した
【動画】密輸されそうになり保護されたコツメカワウソ=大阪税関
政治家一人一人の政策位置(政治的な立ち位置)を
「項目反応理論」という統計モデルを使った分析結果からは

谷垣氏は12年と14年でいずれも賛成と答えた

この時間最も読まれてる生活系記事


 ただ今人気の生活系記事


本日の人気記事
【動画】密輸されそうになり保護されたコツメカワウソ=大阪税関
例えば09年衆院選では①集団的自衛権の行使②防衛力強化③自衛隊の海外派遣――17年衆院選では①憲法改正②憲法に自衛隊保持を明記③原発再稼働――となった

気団ログ 最新エントリー一覧

thumbnail

30~40代中心のお見合いパーティーにいつも参加してる女性にプロフィールカードにダメだしされた。タイプ欄に明るい人って書いてダメなの?

thumbnail

不倫がバレたようで旦那が話があるから部屋から出てきなさいと言ってます。鍵を閉めて部屋に閉じ籠っているのですがトイレも行けない

03年は「中間よりややB側寄り」の立ち位置だったが
試合詳細|ロシア 対 サモア(プールA)|ラグビーワールドカップ2019日本大会 - スポーツ:朝日新聞デジタル
thumbnail
一人の回答者の中で①~③の賛否が割れることは少なく

トラブルメーカーで周囲を疲弊させてきた娘が大学受験全落ちをきっかけに家出してくれた。挙句twitterで知り合った男の家に転がり込んだらしい

新潟〉新潟大23位 歴代最強タイムの目標は達成
thumbnail

離婚した夫が幸せになっているのが複雑。再婚の話を聞いた時もきっと私の二の舞になるすぐ離婚だと思っていた。なのに二人目が生まれると

憲法に新たな条文を付け加える「加憲」の立場を強調
thumbnail
カワウソ密輸「簡単なバイト」 バッグに3匹詰め込み…

離婚上等だったけど泣いて土下座するので取りあえず家に置いてやった。ムカついたら深夜でも布団から叩き起こして玄関の土間で寝かせた

同じような意見を持つ議員が増えた(凝集性が高まった)と言える 東海大2位 出雲に続く2冠目逃す 第49回全日本大学駅伝
伊勢路を疾走 注目の選手たち 第51回全日本大学駅伝
さまざまな意見が存在する多元的な政党だったが
thumbnail
12年に賛成と答えていた防衛力強化について

彼は元々男は男らしく女は女らしくを主張する人。ある日彼が「手料理食べたい」って言ったから私の家で手作りハンバーグを振る舞う事になった

“最も美しい”希少トカゲを密輸入容疑 業者ら書類送検
党本部が報道機関の調査への模範回答を作ったことが
thumbnail
改憲や防衛力強化に賛同する議員の割合は増えつつある

我が家は近所に私の妹が住んでて旦那とは死別で子育てしている。私の子供の年も近いので仕事で手が回らない時は私の子と一緒に面倒を見ている

別のセブンで売り上げ激減 訴えに「違約金なしで解約」
分析にあたった東京大学の谷口将紀教授によると
thumbnail

彼女の実家へ挨拶に行ったところ「嫁には出せない婿に来てほしい彼女方の苗字を継いでほしい」という話になりました。しかし私は長男であり

党内全体でみれば真ん中よりもややB側寄りの立ち位置にある
thumbnail

旦那の事が好きだから結婚したわけではないと気付いた。元々婚活からの出会いで普通に良い人だし私には勿体ない人だと思っていた

thumbnail

食いつくし系の男ってなんだろうアホなの?8品も出したのに子供の分に手を出すとか80歳の親の分まで食べるって神経おかしいんじゃないの

コツメカワウソの商業目的での国際取引を原則禁止とした
党本部が報道機関の調査への模範回答を作ったことが thumbnail

職場とかで山口メンバーの話で持ちきりだったけど圧倒的にハニトラ扱い。少なくともノコノコついてった以上何されても文句言えないだろって

組織に迎合しないインサイダー SF作家・眉村卓さんを悼む 明治学院大教授・稲葉振一郎:朝日新聞デジタル
日本勢はショートプログラム(SP)6位の宮原知子(関大)が4位
会場の子どもたちから驚きと大きな歓声が起きた
先週の気団ログの人気記事
憲法に新たな条文を付け加える「加憲」の立場を強調


 今日最も読まれている記事一覧

党内で「ハト派」の代表格とみなされた谷垣禎一・前総裁に着目すると
article 幸(さいわい)にして先生の予言は実現されずに済んだ
例えば09年衆院選では①集団的自衛権の行使②防衛力強化③自衛隊の海外派遣――17年衆院選では①憲法改正②憲法に自衛隊保持を明記③原発再稼働――となった
ただ今人気の生活系記事
識別力は一般的に賛否が大きく割れる質問ほど大きく
朝日新聞の5月の世論調査で「安倍首相の次の自民党総裁にふさわしい人」を聞く質問でトップだった小泉進次郎氏は
一人の回答者の中で①~③の賛否が割れることは少なく